私、観劇やお稽古ごとの際に着物を着ます。
そういうとき、たまーに写真を撮るのですが、撮影映えするようなポーズをするのって難しいんですよね。
普段、洋服ばかり着ているのを実感しちゃいます。

先月、玄想庵のお部屋を用いて「着物姿でのポージングレッスンと撮影会」が行われました。
プロのカメラマンさん、プロのポージング指導者さんがいると、
着物の良さがわかるような1枚を切り取れることを実感しました。

美しい着物姿の人を見ると、私自身も勉強になります。
そして「上方舞や茶道の稽古をがんばらないと…!」と刺激を受けます。