部屋の室礼を夏から冬に変えました。
御簾から襖に。網代から畳に。
見た目がほっくりしたお部屋になりました。

この期間に使用している襖の取っ手には扇が描かれています。
実物はえらいかわいらしいので、お越しになった際はぜひ見てほしいです。

今、玄想庵のお庭は青々としていますが、もう少ししたら、赤いさざんかが咲きます。
さざんかの花言葉は「困難に打ち勝つ」。
ほんに、ええ意味を持ったはる。